重要なお知らせエリアを非表示

onifuku_onlinestore

卓上鬼瓦~結銀~ 数珠掛け若葉

¥198,000

I would like to be notified of restocking

When it is restocked, we will notify you to the registered e-mail address.

Mail Address

Please allow the domains 「thebase.in」&「onifuku.com」so that you can receive our e-mail

I would like to be notified of restocking

Notice of restocking has been accepted.

We've sent an e-mail to you.
If you cannot find the mail, please check your spam folder.
When receiving a notification, you may not be able to receive it due to reasons such as the mail server capacity being exceeded. Please confirm it.

Please allow the domains 「thebase.in」&「onifuku.com」so that you can receive our e-mail

~瓦を結び、人を結び、心を結ぶ~

1400年の歴史を持つ、日本の屋根瓦。その屋根瓦の中で、瓦の結び目のような役割を持つ『鬼瓦』。その結び目に古代から日本人は美を意識し、願いを込め、富の象徴にしてきました。中でも木造建築最大の脅威である「火災」から家を守る願いから、鬼瓦のデザインには雲、波、若草、鯱など、「水」を連想させるものが多くあります。

瓦が一般に広まったのは、「暴れん坊将軍」でおなじみの徳川八代将軍吉宗の時代。それまでの屋根は板に重しの石を乗せただけの簡素なものでした。木造の日本建築で最もおそれられたのは火事でした。実際、「火事と喧嘩は江戸の華」と言われた程、江戸の街は度々大火に見舞われました。
そこで、火の粉による屋根からの延焼を防ぐため、将軍吉宗が不燃材である瓦屋根を推奨し、トップダウンで爆発的に瓦が広まります。そのため、鬼瓦には「火事除け」の願いから「水」を連想させるデザインが多くあります。お城の屋根に「シャチホコ」が乗っているのも、「水」を連想させるからなのです。

屋根材として鬼瓦が活躍する場が減る中、受け継がれたデザインと願いはそのままに、屋根を離れて飾り棚へと居場所を変えたのが本商品です。瓦と瓦を結んできた鬼瓦が、日本の美と職人の手仕事を愛する、同じ感性を持った人の心と心を結びます。

本商品のデザインは、水を連想させる「葉脈を強調した若葉」と仏教由来の「数珠」が表現されています。
瓦は仏教とともに伝来したため、数珠は寺院などの鬼瓦に古くから用いられているモチーフです。
本商品は、作図、成形、仕上げの全工程を鬼師(鬼瓦職人)の総手作りによって製作しています。

セット内容、商品仕様
鬼瓦本体:幅29cm×奥行11cm×高さ20cm
畳   :幅31cm×奥行22cm×高さ2cm
桐箱に入れた商品をさらに段ボールで梱包してお届けします。

ご注意
いぶし瓦は釉薬による撥水効果がないため、素手で鷲掴みにしたりすると黒く変色する場合がございます。

*This item will be delivered on 9/29(Wed) at the earliest.

*Tax included.

*Limit of 1 per order.

*Additional shipping charges may apply, See detail..

About shipping fees

The shipping fee for this item varies by the shipping method.
  • Free shipping fee

    Shipping Fees are the same all over country inside Japan ¥0

鬼瓦のデザインに隠された「基本の比率」

鬼瓦には、美しさを引き出す『基本の比率』があります。
それは一人の天才デザイナーが編み出したのもではなく、屋根で使われ続ける歴史の中で「用の美」として洗練されたバランスです。
屋根に乗った時に最も美しく見えるように。
幾多の職人たちの想いから生まれたこの比率に従い、卓上鬼瓦~結銀~の図面は描かれています。

製作工程1 板状粘土に図面を転写する

板状粘土の上に図面を貼り、線をなぞるようにして「木べら」で図面を転写します。
屋根材の大きな鬼瓦でも、複数個製作する場合に大きさなどの再現性を保つためにこの工程は行われます。

製作工程2 輪郭の切り出し

転写した輪郭線に沿って、板状粘土を切り出します。
大きさとデザインによって輪郭線が異なるため、この工程も「カマ」を使って職人が手作業で行います。

製作工程3 付け土、彫り込み、数珠並べ

輪郭線で切り出した板状粘土を台形の土台に貼り付けた後、盛り上がる部分に「付け土」を、沈み込む部分には掘り込みを施します。
彫り込みは図面のラインに沿いますが、立体的な部分は職人の裁量によります。
まさに「職人のカン」による部分が大きい工程となります。

製作工程4 荒成形~磨き

付け土で盛り上げた装飾部分を「金ベラ」で荒成形した後、同じく「金ベラ」で全ての面を磨きます。
この磨き工程により、焼成後の【いぶし銀色】の発色が冴えます。
数珠掛け若葉の場合、若葉のすっきり伸びた線に沿った「面取り」が美しく際立ちます。
面取りは未熟な職人が行うと面がデコボコしてしまい美しくありません。
均一な面取りは鬼師の腕の見せ所です。

製作工程5 焼成

十分に乾燥させた白地(成形が終わり乾燥した素地)を、窯で焼成します。
釉薬はかけず、点火から28時間かけて最高温度1,100℃以上まで焚き続けます。
いぶし瓦は、焼成の最終工程で燻化(くんか。英語ではスモーク。「燻す」は訓読みで「いぶす」)を行うことにより、表面に炭素被膜を形成して銀色に発色します。「燻して発色する銀色」なので、この瓦の色を「いぶし銀色」と呼びます。

釉薬の撥水作用がないので、革製品の経年変化のように素手で撫でた部分が徐々に黒く変色していきます。撫でれば撫でるほど風合いが増していく点は、釉薬を塗った陶磁器にはない素材の魅力です。

Related Items関連商品
  • 卓上鬼瓦~結銀~ 菊水(透かし)
    ¥500,000
  • 卓上鬼瓦~結銀~ 菊水吹流し
    ¥396,000
  • 卓上鬼瓦~結銀~ 雲水吹流し
    ¥264,000

Reviews of this shop